地震雲で予想する|地震を予想する方法とは?地震予想の方法と避難時に役立つ情報

地震を予想する方法や、地震雲の仕組みについてご紹介します

地震雲で予想する

家

地震を予想する

地震を予想する方法に、地震雲を見て判断するという方法があります。地震雲が発生してから数日後に地震が起こるということで、地震の発生日などを予測することもできるようです。その地震雲の種類に、「断層型地震雲」というものがあります。この地震雲は、青空と雲がきれいに2つに分かれている状態で、この雲が発生してから2、3日後に大きい地震が発生すると言われています。また、「肋骨場地震雲」という雲もあり、名前の通り肋骨のように並んだ形をしています。雨が降る前兆とも言われていますが、この雲が現れてから2時間~24時間以内に地震が発生するとも言われているので、この雲を見た場合は早めに地震の対策をしておくと良いでしょう。

地震雲のしくみ

地震は地殻変動が原因で起こるものです。その地殻変動は、地盤が擦れたり圧縮されることで電気を発生させます。この電気は、地上へ上がると電磁波になり、雲を形作ります。この電磁波で形作られた雲が地震雲と呼ばれるものになると言われています。この地震雲が発生することで必ず地震が起こるというわけではないですが、地殻変動が起こっていると予想することはできます。地殻を1枚の板に例えると、折り曲げた際にミシミシと音がなります。この状態が小さめの地震が起こっている状態で、板が折れてしまったときが大きな地震が起きる状態と考えるとわかりやすいのではないでしょうか。この板が折れるまでの過程で、地殻変動が起こるので、地震雲が発生した場合は注意が必要なのです。

まとめ

地震雲の他に、地殻変動の電磁波が原因で植物や動物が普段と違う雰囲気を見せる場合もあります。このような動物たちの変化が見られた場合や地震雲が発生した場合だけでなく、普段から地震が起こった際はどうするか準備をしておくことも大切です。防災セットを用意しておいたり、避難先や避難ルートを把握し家族で共有しておくことも大切でしょう。

広告募集中